交通事故の頭痛に新判断基準適用(横浜地裁)
ホーム > 交通事故の頭痛に新判断基準適用(横浜地裁)

交通事故の頭痛に新判断基準適用(横浜地裁)

交通事故の頭痛に新判断基準適用(横浜地裁)
 

 交通事故によって頭痛などを引き起こす「脳脊髄液減少症」を発症したとして、加害者側に約

5000万円の損害賠償を求めた判決で、横浜地裁が「同症の疑いがある」と認定して、約2000万

円の支払いを命じていたことが分かった。

判決は7月31日付で加害者は控訴している。

 

2012/8/27  日本経済新聞  電子版 より

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2701H_X20C12A8000000/



過去の記事



行政書士 山下 裕史

はじめまして行政書士の山下と申します
大阪でも南大阪(大阪南部・堺)を中心に、迅速・丁寧・安心できるサービスを
心掛けて日々業務を行っております。

【山下行政書士 事務所】
行政書士 山下 裕史
日本行政書士会連合会登録番号 08260952号
大阪府行政書士会会員番号 第5489号
日本FP協会認定
ファイナンシャル・プランナー
(AFP)
【営業時間】
月~土 10:00~19:00
お急ぎの場合は上記にかかわらず
ご連絡下さい。
TEL:0721-63-8016
FAX:0721-63-7486
お問い合わせはこちら
【業務内容】
車庫証明・名義変更手続サポート
遺言・相続手続サポート
交通事故手続・許認可手続 サポート
法人設立手続サポート